FC2ブログ
頭のおかしい変態な話と、落ち込んだフリをすることなどを・・・・・・・ ヒッソリと・・・






ついった~❤



プロフィール

いくみ

  • Author:いくみ
  • 男の子よ♪
    コメント&トラックバック大歓迎^^
    (過去ログにもどうぞ)

    つまり、自分が女子じゃないということ。
    あまりにも単純すぎる問題。
    笑うしかない・・・

    「いつか必ず死ぬことができる。」
    そう思うと、ちょっとだけ、気が楽になる。

    とにもかくにも、幸せすぎるんだ私って♪^^



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



いくみのブログ更新情報♪



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



かうんた~♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


店長の悪戯
私は、店の奥にある部屋に連れていかれました。
事務室兼倉庫というような感じの部屋で、本やビデオの在庫の山と、
角に事務机やロッカーなどがありました。

椅子に座らされ、脇に隠しているものを出すように言われました。
もう観念するしかありません。

私を捕まえた中年の男性は、ここの店長でした。

「困るなあ。こんなことされちゃあ。」

「す、すいません。つい。そんなつもりじゃなかったんです。。。」
言い訳になってません。

「君、それに、かわいい顔してるけど、未成年じゃないの?」

「は、はい。ごめんなさい。親や学校には言わないでください。お願いします。」

店長は、万引きしたビデオを見ながら、
「ふーん。君、こういうものに興味があるんだぁ。変わった子だねぇ。」
と言って、ニヤニヤしてます。

「あ、いえ、それは。。。」
私は恥ずかしくて、まともに店長の顔を見れません。

「こういうニューハーフとかと、やってみたいの?それとも可愛い顔してるから、こんなことされたいとか?」

「い、いえ。そんなことありません。。」

店長は、しつこく意地悪な質問をしてきます。

「正直に言えば、今回は見逃してあげてもいいんだけどなぁ。」

そう言って私の近くに来て、肩をつかみ、うつむいてる顔を覗き込んできます。

「ビデオの子みたいにされるのに興味があるんでしょ?」

そういいながら店長は、私の肩を抱くように、腕を回してきました。
そして、驚いたことに、もう片方の手で、股間を触ってきたのです。

「あ、やめてください・・・」

「ふふ。なんか大きくなってない?今すぐ警察に通報したっていいわけなんだよ。もっと素直にならないと、いけないねぇ。」

いったいどういう店長なんでしょう。
彼の手が私の股間を刺激します。

恐怖感と、こんなことをしていいのだろうかと言う気持ちになりながらも、
アソコが固くなってきてしましました。

「ほら。大きくなっってるじゃない。悪い子だねぇ。」

店長が、穿いていたパンツの上から、刺激を繰り返してきます。

私は、頭の整理がつかないまま「もう、どうにでもなれ。」という気持ちにもなってきました。

店長が、私の首筋にキスをしてきました。

そうして私の穿いていたパンツのジッパーを、ゆっくり下ろしてきたのです。

20041218141158.jpg

スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ikumixu.blog2.fc2.com/tb.php/8-849e4f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。