FC2ブログ
頭のおかしい変態な話と、落ち込んだフリをすることなどを・・・・・・・ ヒッソリと・・・






ついった~❤



プロフィール

いくみ

  • Author:いくみ
  • 男の子よ♪
    コメント&トラックバック大歓迎^^
    (過去ログにもどうぞ)

    つまり、自分が女子じゃないということ。
    あまりにも単純すぎる問題。
    笑うしかない・・・

    「いつか必ず死ぬことができる。」
    そう思うと、ちょっとだけ、気が楽になる。

    とにもかくにも、幸せすぎるんだ私って♪^^



FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



いくみのブログ更新情報♪



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



かうんた~♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『牝犬奴隷性欲処理係・失禁篇 2』
今日も、二時間ほど寝て、またムクムク起きちゃいました^^
今のところ、するとも、しないともいえませんw\r

だけど、書いておきながらUPしてなかった『牝犬奴隷性欲処理係』のつづきを、読み返してたら、
ちょい反応してしまいました(~_~;)
ほんとに私って、馬鹿です(>_<)

今回は、オシッコが漏れるギリギリまで我慢していただき、
手元に、コップを用意してから、お読みください^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あ!こいつ、ほんとに漏らしやがった!」

穿いたままのショーツに、オシッコのシミが一気に広がってきます。
そしてショーツに吸収できずに溢れたおしっこが、太ももを伝って流れ出してしまいました。

このままだと床まで濡らしてしまいます。
いくみは、必死でオシッコを止めようと力を入れて我慢しました。

しかし、濡れたショーツの股の部分からも、ついにポタポタと、オシッコが床に落ちてきました。

「あ!汚ねえ。おい!誰か、こいつの便器代わりになるものないか?」

ひとりの男性社員が、コップを持ってきました。

「よし。おまえ、これにションベンしろ! こぼすんじゃねえぞ!」

「ああぁ・・・そんな・・・おトイレにいかせてください・・・。」

そうは言っても、もうオシッコを止めることができず、すこしづつ漏らしてる状態です。

いくみは仕方なく、コップの上に、またがるようにして、腰を落としました。

一気に出ないように、必死で我慢します。

ショーツを伝ってオシッコが、ジョロジョロとコップの中に溜まっていきます。

力を緩めて、一気にオシッコをだしてしまったら、小さなコップの口に入らず、床を汚してしまうはずです。

少しづつ出るよう我慢しながらしてると、お○ん○んが痺れてくるように痛くなってきます。

「ああぁ・・・苦しいです・・・許してください・・・。」

「おい!そろそろコップからあふれるぞ。」

それを聞いた、いくみは、これ以上漏らさないように、グッと力を入れると、なんとかオシッコをいったん止めることができました。

「ハァ。ハァ。。くるしい・・・イタイです・・・ああぁ・・・。」

「お。こぼさないように、うまく我慢したじゃねえか。」

しかし、気を緩めたら、すぐにでも、また、オシッコが出てしまいそうです。

「ああぁ・・・痛いです・・・もう・・・ほんとに・・・トイレに・・・。」

「おまえの便所は、このコップなんだよ!」

吉田さんは、いくみのオシッコの入ったコップを手に取ると、
いくみの顔に近づけてきました。

「臭いションベン漏らしやがって!どうすんだよコレ。会社の中がションベン臭くなっちまう。」

すると、木村さんが、口を開きました。
木村さんは吉田さんの後輩で、この人も吉田さんに負けず劣らず、いくみにヒドイことをさせる方です。

「先輩。このションベン、こいつに飲ましちゃいましょうか。」

(あぁ。なんて恐ろしいことを思いつく人でしょう・・・)

「さすがにうまい事、考えるなぁ。はは。そりゃいい。こうやって、自分で飲んじゃえば、トイレなんて使わなくてもだいじょうぶになるぜ。ははは。」

そう言うと、吉田さんは、ほんとうに、オシッコの入ったコップを、いくみの口に近づけてきたのです。
20050213235200s.jpg


(つづく?)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

この記事に対するコメント

(心配してくれてありがと)

私は精子は飲んだことないけど人のおしっこは少しのんだことあります(爆)

【2005/02/17 03:08】 URL | 征未 #KtOtvm9U[ 編集]


の、のんじゃったんですね・・・。
どんなシチュエーションだったんだろ??
ただいま激しく妄想中・・・(~_~;)
【2005/02/17 10:02】 URL | いくみ #bxvF113M[ 編集]


おしっこ、飲むのはちょっと勇気いりますよねっ;
起き抜けのはかなり濃くてキツいとか…
わたしはおしっこはないけど精子は飲んだことありますぅ;
でも絵的には結構萌えちゃいます>おしっこ;

大量の水を飲まされて推しっこするたびにそれをまた飲まされて、また出したのを飲まされ…なんていうのもいいかも…
当然お茶とかどんどん出されて、飲まない訳にはいかないんです。

飲尿なので出すのを我慢しすぎなければ健康にはよかったりw
【2005/02/17 13:49】 URL | camise #-[ 編集]


飲尿経験者の方の次は、飲精の方まで・・・(~_~;)
もうこうなったら、
「ウ○チ食べちゃった。」って方も、コメント、チョウダイ!w
【2005/02/17 16:39】 URL | いくみ #bxvF113M[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ikumixu.blog2.fc2.com/tb.php/79-4e4648c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。