FC2ブログ
頭のおかしい変態な話と、落ち込んだフリをすることなどを・・・・・・・ ヒッソリと・・・






ついった~❤



プロフィール

いくみ

  • Author:いくみ
  • 男の子よ♪
    コメント&トラックバック大歓迎^^
    (過去ログにもどうぞ)

    つまり、自分が女子じゃないということ。
    あまりにも単純すぎる問題。
    笑うしかない・・・

    「いつか必ず死ぬことができる。」
    そう思うと、ちょっとだけ、気が楽になる。

    とにもかくにも、幸せすぎるんだ私って♪^^



FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



いくみのブログ更新情報♪



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



かうんた~♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『牝犬奴隷性欲処理係・おむつ篇 5』
部屋に戻ると、古田さんが、近づいてきました。

「いくみ!遅かったじゃねえか。社長のフニャチンでも舐めさせらられてたか。ウヒヒ。」

「そんなことしてません・・・。」

「じゃぁ、何してたんだ? 言ってみろよ。」

「あ・・あの・・トイレの・・件で・・・。」

「おお。それかぁ。で、どうなったんだ? 社長室で、見せながらしろとか言われてきたんじゃないの? あの変態社長なら言いかねないよな。ははは。」

「あ・・いえ・・・そんなことは・・・。」

「じゃぁ、なんなんだよ。そろそろまたしたくなるころだろ? 汚いションベンのたまり具合をまた見てやるよ。」

「ああ・・いやっ・・・」

古田さんは、いくみの背後に回って抱え込むようにすると、おなかの辺りを押してきます。

「どうだ? ちびりたくなっただろ? スカートあげて、前見せてみろよ。」

「あ・・だめ・・・ごめんなさい・・・許して・・・きょうは・・・。お願いします・・・。」

「何、言ってんだ? いくみ。いまさらスカート捲るの、恥ずかしがるようなことねぇだろうが。」

「あ・・や・・・だめなんです・・・ほんとに・・・いまは・・・その・・・」

「急にカマトトぶりやがって、さっさといつものように見せりゃいいんだよ!」

怒った古田さんが、無理やりいくみのスカートを引き上げました。

「・・・。」

「は? あ? 」

「うぅ・・。」

一瞬、古田さんは、沈黙すると、部屋中に響き渡るような笑いをあげました。

「ぎゃははははははは。こいつ・・・笑わせやがる。おい! みんな見てみろよ! この馬鹿、おむつしてやがる。 ぎゃははは。 こいつはおかしいぜ。 ハラワタよじれそうだ。ははははは。」

すぐにほかの社員たちも集まってきて、いくみのオムツ姿を、見ると、大笑いしながら、口々に、嘲りの言葉を浴びせられました・・・。

(つづく?)
スポンサーサイト
[PR]






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。