FC2ブログ
頭のおかしい変態な話と、落ち込んだフリをすることなどを・・・・・・・ ヒッソリと・・・






ついった~❤



プロフィール

いくみ

  • Author:いくみ
  • 男の子よ♪
    コメント&トラックバック大歓迎^^
    (過去ログにもどうぞ)

    つまり、自分が女子じゃないということ。
    あまりにも単純すぎる問題。
    笑うしかない・・・

    「いつか必ず死ぬことができる。」
    そう思うと、ちょっとだけ、気が楽になる。

    とにもかくにも、幸せすぎるんだ私って♪^^



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



いくみのブログ更新情報♪



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



かうんた~♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他人の○○○○で・・・
ここ最近、自分で記事を考えず、ラム様のコメントをネタに、更新してますが、いいのでしょうか?(^_^;)

な~んて、反省しながら、どうすることもできないでいたら、
またまた天の助けでございます。

ラムさんに書いていただいたお話(ここのコメント欄です)の続きを、
Launcelot du Lake 様に、書いていただいちゃいました^^

さらにすごい展開になってます(^_^;)
私だけ読んで、オナネタにしてしまうには、もったいない素敵なお話なので、ここで、公開させていただきたいとお願いしたところ、快諾をいただくことができました。

Launcelot du Lake 様。ありがとうございます<(_ _)>


何かリレー小説って感じになってきましたねw^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そしてもう一人、いくみと同じようにペニスを持った、美しい少女が後ろ手に縛られ、目隠し、猿轡をされたまま引き立てられてきた。
ギンガムチェックのメイド服を着せられ、その短いスカートの下からは、その姿に不釣合いなペニスが勃起している。

背後からいくみの耳元で静かに声が聞こえてきた。

「いくみ、見てご覧。」

仮面の女王様はいくみのペニスをそのレースの手袋のまま、やわやわともみながら言った。

「この子も、お前と同じようにペニスを持った女の子だよ。そしてお前と同じように、後ろの穴で感じるのさ。それに見てご覧、もうペニスの先からたらたらといやらしいお汁をたらしてるよ。」

いくみは、脳裏に次に行われる儀式が薄ぼんやりとわかって来た。

「い、いや。お願いします、それだけは・・・。」いくみはきえいりそうな声で女王様に哀願した。

「おやおや、いくみは、何がいやなのかい?」仮面の奥から冷たい笑いを浮かべて女王様は言った。

「いくみはわかったようだね。でも本当にわかってるのかしら。ふふふ。今度はお前がこの子を天国につれていってあげるの。ふふ天国じゃなくて地獄かしらね。でも、お前たちは変態女装マゾにとっては天国だわよね。ねえ、いくみ。」

「まず、お前のこの薄らきたないペニスを使えるようにしなくちゃね、ねえ、皆さん!」

女王様の言葉につられて、着飾り、酒のグラスを傾けていた観衆から、嘲りに似た笑いが起こった。

「さあ、裕子。いくみにご奉仕しなさい。」

つれてこられた少女は「裕子」と呼ばれているらしい。もちろん本名は違うのだろう、そして彼女も自分から志願してきたに違いない。
なぜならば、彼女には、下半身あるべき毛が全て剃られ、逆にないはずのペニスがあるのだ。

「裕子、いくみのペニスにご奉仕なさい。」
その声に猿轡をはずされた裕子が答えた。「はい。」そしていくみに言った「いくみ様、裕子にご奉仕させてください。」
「いや・・・。」消え入りそうに目を伏せたいくみの乳首を、もう一人のマゾ奴隷の裕子の舌がまさぐり始めた、そして徐々に胸の谷間から臍へと舌が降りていった。

いくみのペニスはまだ、女王様の柔らかい手に握られている。
ふと、いくみのペニスが柔らかい口に含まれた。
と同時に、いくみのアナルに、女王様の持つ乗馬鞭の先端が触れた。
「うっ。」思わず声を漏らしたいくみに女王様が言った。「どっちが気持ちいいいのか言ってご覧。」
「あ、いやん。はぁ~。」いくみの身体の中では、もはや区別がつかなくなっていった。

「さあ裕子、いくみを立たせなさい。お前のアナルに入れるのだからね。」女王様の声にいくみは軽いめまいがした。これから、自分のアナルがさんざん観衆の前でおもちゃにされると思っていたのだ、ところが、これから自分は同じようなマゾ奴隷のアナルを犯さなくてはならない。

「いくみは感じているようだね。もっと感じさせてあげるよ。」女王様の声と同時に、ペニスをしゃぶられたままのいくみのアナルに、冷たいガラスの浣腸器の筒先があてがわれた。

「ああっ。だめ、いや。逝っちゃう・・・・恥ずかしい・・・・・」

「おやおや、まだ何もしてないのに、我慢なさい。」いくみの乳首がつねり挙げられる。

「いた~い、ううう、逝くっ・・逝くぅぅ・・・・・・逝っちゃう!!!」と同時に、500CCほどのグリセリン溶液の冷たさが、下腹部に広がった、と同時にいくみは裕子の口の中に今日二度目の淫濁液を吹き上げてしまった。

「あら、まぁ、恥ずかしいマゾだねぇ、こんなことも我慢できないなんて」

あきれ顔の女王様の声に、観衆からは笑い声が起こった。淑女たちは、呆れ顔でいくみの顔を眺めている。
裕子は半開きになった口の片隅から、いくみの淫濁液をたらしながら、舌なめずりをしている。

「後500入れたら、栓をしてあげるから、我慢しなさい。その後は裕子にお腹をもんでもらいましょうね。」

女王様は再びいくみのアナルに500ccの液を注入し、アナル栓をした。裕子は手探りでいくみの下腹部をもみ始めた。
いくみのお腹の中で、嫌な音がし始める、それを聞きつけた女王様はにやりと笑いながら、「我慢するのよ。そしてお客様に今度は、後ろから吹き上げる姿を見てもらいましょうね。」

吊り上げられた、後ろ手が下ろされる、その滑車のぎりぎりという音とともにいくみの我慢が切れかけた

「お願いします。おトイレに行かせてください。」かなわないと知りながらいくみは言った。
女王様は無言で、安っぽい洗面器を差し出した。そうなのだやはり、いくみは観衆の前でしなければならないのだ。

「み、見ないで下さい。」消え入りそうな声でつぶやくいくみ、しかし、無言の返事しかかえってこない。あきらめたいくみは、その洗面器にしゃがみこんだ、目の前には裕子の切なげにぴくぴく脈打つペニスがあった。

「いくみしゃぶってあげなさい。」女王様の声を聞くまでもなく、いくみはペチコートの中に生えたペニスにしゃぶりついた。同時に女王様の手でアナル栓をはずされ、いくみは後ろの穴から汚物を洗面器の中に撒き散らした。

「ふごごご~。いひゃ~」ペニスを咥えてくぐもったいくみの声が聞こえた。

いくみは全てを忘れるように、裕子のペニスをしゃぶり続けた。
後ろの穴を拭かれ、床に横たわった裕子のペニスをしゃぶり続けるいくみの後ろから女王様の声が聞こえた。

「いくみ、そろそろだよ。」その声に裕子が反応した。仰向けに横たわっていた裕子はうつぶせになり、お尻を掲げた。ミニスカートの中で裕子の色づいたアナルがヒクヒクしている。

「解っているわよね。」女王様の声にいくみは自分のペニスを裕子のアナルに当てた。
「そうよ、入れてあげなさい」
声もなく、いくみはいやいやをした。その瞬間、女王様の無慈悲な鞭がいくみの尻に飛んだ。

「パシーン」「ああっつ・・・」「早く!」
女王様の叱責にいくみはペニスを裕子に突き刺した。裕子のはぁはぁというあえぎ声が聞こえる。思わずいくみは腰を動かしてしまう。

「あっ。」いくみのアナルに冷たく、硬いものが当てられた。「いくみ、力を抜いて」

女王様の声が後ろから聞こえる。ふっと息を吐くいくみ。瞬間、いくみのアナルに女王様のペニスバンドの黒光りしていた擬似ペニスがねじ込まれた。

続く
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:女装 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

エロ最強!!!!

http://blog.livedoor.jp/paps222/
【2005/08/24 16:14】 URL | アイドル激似動画
#AfTsYLMI[ 編集]

もうダメ!
興奮して読んでると、裕子登場!?
裕子のは、いくみさん同様に大きくなって・・・最後は、興奮ってものじゃありませんでしたよ(^^;

でも、いくみさんに責められ嬉しい♪なんて思った裕子もいて・・・

続きが楽しみ♪
裕子も、女王様にしてね♪ (+_+;)\(-_-;
【2005/08/24 23:54】 URL | 裕子 #4.lX2TBg[ 編集]


すごいことになってきましたネ?
リレー形式も楽しいです^^
【2005/08/25 00:48】 URL | 征未 #KtOtvm9U[ 編集]


>裕子さん
私も興奮しちゃったよ~^^

>征未さん
また、続き、誰か書いてくれるかしらんw^^
【2005/08/25 10:27】 URL | いくみ #-[ 編集]


最初の浣腸と2回目の射精の順序が逆でしたね。失礼しました。
1リットル入れられたあと、同時のほうが気持ちいいでしょう。
【2005/08/26 14:26】 URL | launcelot du lake #-[ 編集]

あぁ・・・
そうかも・・・(~_~;)
【2005/08/27 16:33】 URL | いくみ #bxvF113M[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ikumixu.blog2.fc2.com/tb.php/264-3319881c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。